わきが治療
評判高い
病院・クリニック
BEST3を見る

【東京版】わきが治療におすすめ!病院・クリニックBEST3

わきが治療といっても、その方法は様々。ボトックスや剪除法、レーザーがあり、それぞれに特徴があります。ボトックスは料金が安いですが効果は半永久的ではなかったり、剪除法の効果は半永久的ですが切る手術となったり、レーザー治療の効果は半永久的で料金が高いといった特徴があります。そういった特徴を踏まえた上で、ご自身の治療目的や経済的な状況に合わせて、どの治療法が良いのか提案してくれるところがいいですよね。
また、少しでも安い料金で施術を受けたいとお考えなら、わきがの治療法によっては保険診療が適用されることもおさえておきたいポイント。それに様々なわきがの状態に併せた治療ができるところを選びたいもの。その点、開院してから長いところであれば、その分経験を積んでいるので、任せられるのではないでしょうか。
そこで、このサイトに掲載する東京のクリニックの中から、ボトックス、剪除法、レーザーといった治療法に対応し、保険医療機関※となっているところを開院歴の長い順にご紹介します。(2022年1月時点)
※参照元:保険医療機関 医療機関一覧表 [PDF](https://kouseikyoku.mhlw.go.jp/kantoshinetsu/chousa/131shitei_ika_tokyo_r0401.pdf

臭いにさよなら!わきが治療BOOK » そもそも、わきがとは何か » 子供もわきが治療を受けられる?

公開日: |更新日:

子供もわきが治療を受けられる?

子供が施術できるわきが治療や、子供がわきがになる原因について紹介しています。

子供が施術できるわきが治療はあるの?

クリニックによっては、子供のわきが治療を行っている所もあるようです。対応している施術は「ボトックス」「クアドラカット法」「ローラークランプ法」など。クリニックのサイトなどでは、具体的な年齢は記載されていませんが、小学生から施術が可能のようです。

ボトックス

ボトックスは、顔のしわ取りの施術でも使用されている、薬剤を注射する施術法です。発汗を抑えてくれるので、臭いが軽減されます。持続時間は約半年。効果は短いですが、切る施術が苦手な子供でも受けられます。

クアドラカット法

施術では、ワキの下に約5mmの小さな穴を開け、臭いの原因である「アポクリン腺」と汗の原因である「エクリン腺」をカニューレで吸引します。局部麻酔を行うため、痛みは少ないです。傷口が小さいため、術後の感染症のリスクやダウンタイムが少ない・傷跡が残りにくい、というメリットがあります。毛に付いているアポクリン腺を除去するので、脱毛もできる、一石二鳥の施術法です。

施術時間は40~50分。再発の心配もありません。クリニックでは約3日間、ガーゼで患部の固定を勧めています。

ローラークランプ法

クアドラカット法と同じように皮膚にカニューレを挿入して施術を行います。その際、ワキの上からローラーを当てて主にアクポリン腺を取り除き、エクリン腺も吸引します。ローラーが皮膚を程よく圧迫するので、カニューレでのスムーズな施術が可能なのです。術後はガーゼで傷跡を固定します。傷跡がほとんど残らない施術法です。

そもそも子供がわきがになる原因は?

近年、食生活の欧米化が進み、わきがになってしまう方も少なくありません。しかし、わきがになる方の約半数が遺伝によるものです。両親が2人ともわきがの場合は、子供もわきがになってしまう可能性が高いと言われています。また、女性の方はホルモンや皮下脂肪の関係により、アポクリン腺を活発化させやすい傾向にあるとか。

深刻な問題としては、わきがが原因で子供がいじめに遭ってしまったため、クリニックに相談に来る保護者もいるようです。こういった問題を防ぐ意味でも保護者は、子供のわきがを確認してあげましょう。わきがに気付いたら、クリニックに相談することをオススメします。ワキの臭いを軽減させる意味でも、親子で施術を受けると良いかもしれません。

【東京版】わきが治療におすすめ!病院・クリニックBEST3

わきが治療といっても、その方法は様々。ボトックスや剪除法、レーザーがあり、それぞれに特徴があります。ボトックスは料金が安いですが効果は半永久的ではなかったり、剪除法の効果は半永久的ですが切る手術となったり、レーザー治療の効果は半永久的で料金が高いといった特徴があります。そういった特徴を踏まえた上で、ご自身の治療目的や経済的な状況に合わせて、どの治療法が良いのか提案してくれるところがいいですよね。
また、少しでも安い料金で施術を受けたいとお考えなら、わきがの治療法によっては保険診療が適用されることもおさえておきたいポイント。それに様々なわきがの状態に併せた治療ができるところを選びたいもの。その点、開院してから長いところであれば、その分経験を積んでいるので、任せられるのではないでしょうか。
そこで、このサイトに掲載する東京のクリニックの中から、ボトックス、剪除法、レーザーといった治療法に対応し、保険医療機関※となっているところを開院歴の長い順にご紹介します。(2022年1月時点)
※参照元:保険医療機関 医療機関一覧表 [PDF](https://kouseikyoku.mhlw.go.jp/kantoshinetsu/chousa/131shitei_ika_tokyo_r0401.pdf