わきが治療
評判高い
病院・クリニック
BEST3を見る

【東京版】わきが治療におすすめ!病院・クリニックBEST3

わきが治療といっても、その方法は様々。ボトックスや剪除法、レーザーがあり、それぞれに特徴があります。ボトックスは料金が安いですが効果は半永久的ではなかったり、剪除法の効果は半永久的ですが切る手術となったり、レーザー治療の効果は半永久的で料金が高いといった特徴があります。そういった特徴を踏まえた上で、ご自身の治療目的や経済的な状況に合わせて、どの治療法が良いのか提案してくれるところがいいですよね。
また、少しでも安い料金で施術を受けたいとお考えなら、わきがの治療法によっては保険診療が適用されることもおさえておきたいポイント。それに様々なわきがの状態に併せた治療ができるところを選びたいもの。その点、開院してから長いところであれば、その分経験を積んでいるので、任せられるのではないでしょうか。
そこで、このサイトに掲載する東京のクリニックの中から、ボトックス、剪除法、レーザーといった治療法に対応し、保険医療機関※となっているところを開院歴の長い順にご紹介します。(2022年1月時点)
※参照元:保険医療機関 医療機関一覧表 [PDF](https://kouseikyoku.mhlw.go.jp/kantoshinetsu/chousa/131shitei_ika_tokyo_r0401.pdf

公開日: |更新日:

わきが対策グッズは有効か

わきがの悩みを長く抱えている方は、季節を問わずデオドラント対策にこだわっていらっしゃることと思います。

デオドラントスプレーやロールオンタイプ、スティック、ジェル、クリーム、シートなど…。ドラッグストアへ行くと、わきのニオイや汗の対策として様々なわきが対策グッズが店頭に並んでいますね。

それらのわきが対策グッズは、果たして効果的だと言えるのでしょうか。対策グッズの効果について考えてみたいと思います。

人気が高いわきが対策グッズはストーンやジェル、クリームタイプ

デオドラントアイテムと言って真っ先に思い浮かべるのが、制汗スプレーではないでしょうか。中学生や高校生のほとんどが体育の授業や部活の後に使用していますし、一般への普及率はかなりのものです。

しかし、わきがのニオイで本格的に悩んでいる方にとっては、スプレータイプのデオドラントでは物足りないと感じてしまうことがほとんど。消臭や殺菌を行う効果よりも、香りによって汗の臭いを紛らわす商品が多いので、強いニオイには効果があまり見られないからです。

その点、わきがでお悩みの方に人気のアイテムは、ストーンタイプやジェル、クリームなどの殺菌や消臭をきちんと行ってくれる商品。ミョウバンやタンニンなどのニオイに有効だとされている成分が配合されていて、わきの下の皮膚に塗りつけて密着させることによってニオイの原因となる雑菌を殺菌して消臭します。

ニオイに有効な成分はタンニンやミョウバン

わきが対策グッズとして人気が高いのは、自分で作れるミョウバン水

ミョウバンには、収れんや殺菌作用があるとされていて、薬局で販売しているミョウバンを水で薄めたものを、わきの下にスプレーするだけで汗を抑えてくれる効果があるとされています。そのほかにも、お風呂に溶かして入浴すると体全体の体臭を抑える効果が高いそう。ミョウバンは弱酸性なので、肌の弱い方でも安心して使えます。

ミョウバンのほかにも、柿渋の中に含まれるタンニンという成分が、消臭や殺菌、抗酸化作用に優れているとされてブームとなりました。足やわきの下のニオイを防ぐ効果が高い柿渋石鹸が販売され、加齢臭という言葉が普及するとともに人気が高まりましたね。柿タンニンには、微生物の抑制効果や抗菌力があり、皮膚の雑菌の増殖を抑えることでニオイの原因を絶つことができるわけです。

デオドラントし過ぎも考えもの…

手軽にわきのニオイを抑えることができるわきが対策グッズは、確かに便利で効果があると考えられますが、その効果は一時的なもの。根本的な治療を行わないままジェルやクリームを塗りつけたところで、効果は長時間持続するものではないので、永久にその作業を繰り返さなければなりません。

さらに、デオドラントのし過ぎによって毛穴や汗腺をふさいでしまい、ニオイがきつくなってしまうことも。殺菌効果の高い成分を多用し過ぎると、皮膚の常在菌を殺し過ぎてしまい、肌荒れや黒ずみの原因となってしまったり…というトラブルも考えられます。

わきが対策グッズは、ニオイの直接的な改善にはつながらないので、あくまで一時的なものと念頭に置き、重度の方は一度クリニックでカウンセリングを受けてみるといいでしょう。

【東京版】わきが治療におすすめ!病院・クリニックBEST3

わきが治療といっても、その方法は様々。ボトックスや剪除法、レーザーがあり、それぞれに特徴があります。ボトックスは料金が安いですが効果は半永久的ではなかったり、剪除法の効果は半永久的ですが切る手術となったり、レーザー治療の効果は半永久的で料金が高いといった特徴があります。そういった特徴を踏まえた上で、ご自身の治療目的や経済的な状況に合わせて、どの治療法が良いのか提案してくれるところがいいですよね。
また、少しでも安い料金で施術を受けたいとお考えなら、わきがの治療法によっては保険診療が適用されることもおさえておきたいポイント。それに様々なわきがの状態に併せた治療ができるところを選びたいもの。その点、開院してから長いところであれば、その分経験を積んでいるので、任せられるのではないでしょうか。
そこで、このサイトに掲載する東京のクリニックの中から、ボトックス、剪除法、レーザーといった治療法に対応し、保険医療機関※となっているところを開院歴の長い順にご紹介します。(2022年1月時点)
※参照元:保険医療機関 医療機関一覧表 [PDF](https://kouseikyoku.mhlw.go.jp/kantoshinetsu/chousa/131shitei_ika_tokyo_r0401.pdf