わきが治療
評判高い
病院・クリニック
BEST3を見る

【東京版】わきが治療におすすめ!病院・クリニックBEST3

わきが治療といっても、その方法は様々。ボトックスや剪除法、レーザーがあり、それぞれに特徴があります。ボトックスは料金が安いですが効果は半永久的ではなかったり、剪除法の効果は半永久的ですが切る手術となったり、レーザー治療の効果は半永久的で料金が高いといった特徴があります。そういった特徴を踏まえた上で、ご自身の治療目的や経済的な状況に合わせて、どの治療法が良いのか提案してくれるところがいいですよね。
また、少しでも安い料金で施術を受けたいとお考えなら、わきがの治療法によっては保険診療が適用されることもおさえておきたいポイント。それに様々なわきがの状態に併せた治療ができるところを選びたいもの。その点、開院してから長いところであれば、その分経験を積んでいるので、任せられるのではないでしょうか。
そこで、このサイトに掲載する東京のクリニックの中から、ボトックス、剪除法、レーザーといった治療法に対応し、保険医療機関※となっているところを開院歴の長い順にご紹介します。(2022年1月時点)
※参照元:保険医療機関 医療機関一覧表 [PDF](https://kouseikyoku.mhlw.go.jp/kantoshinetsu/chousa/131shitei_ika_tokyo_r0401.pdf

公開日: |更新日:

自分でできるわきが対策

気になるわきがの臭いは、できれば自分でケアしたいと思う人も多いでしょう。自分でできる臭いへの対処法や予防策のほか、まちがったわきが対策についても解説します。

わきが臭の対処法

デオドラント製品を使用する

多少のわきが臭であれば、制汗剤やデオドラント製品が有効です。制汗剤には汗腺をふさぐ作用のある成分が配合されており、汗の量を抑える効果が期待できます。デオドラント製品は殺菌効果があり、雑菌の繁殖による臭いを軽減できます。

どちらもロールオンタイプやスプレータイプ、クリームタイプなど、さまざまな形状のものが市販されていますが、脇にフィットしやすいロールオンタイプが使いやすいでしょう。

汗をこまめに拭き取る

わきが臭の主な原因は、アポクリン汗腺から分泌された汗に雑菌が繁殖することのため、汗をこまめに拭き取ることで臭いを軽減できます。

アルコール綿を使えば、雑菌の繁殖を防いで清潔な状態を保ちやすくなります。アルコール綿がないときは、ボディ用殺菌シートを使うのもよいでしょう。衛生的な観点から、綿や殺菌シートの再利用はせず、常に新しいものを使用してください。

拭き取ったあとは清潔な衣類に着替え、服についた汗が再付着しないようにしましょう。

脇を除毛・脱毛する

脇が蒸れることで雑菌が繁殖しやすくなり、臭いの原因につながりやすくなります。

また、アポクリン汗腺は毛穴の部分にあることから、毛深い人はわきが臭が発生しやすいと言われています。

除毛・脱毛することでわきに汗が溜まるのを防ぐことができるため、脇毛が濃密な場合は処理しておくとよいでしょう。汗を拭くのが簡単になり、衛生的に保ちやすいというメリットもあります。

洗濯の仕方を見直す

汗や皮脂による汚れがひどい場合、繊維の奥まで汚れが入り込んでしまい、普通の洗濯では落としきれないことがあります。皮脂が繊維の奥に残ってしまうと雑菌が繫殖しやすくなり、臭いが発生しやすくなることも。

つけ置き洗いをしたり、酸素系漂白剤を併用したりして、汚れと臭いをしっかり取り除きましょう。

洗濯機の容量に合わせた洗濯量にすること、衣類が早く乾燥するよう除湿機やエアコンのドライ機能を活用することも大切です。

インナーの替えを持っておく

通常、汗が出るとインナーがそれを吸収することが多く、インナーについた汗にも雑菌が繁殖することになります。わきが臭への対処法としては、インナーを着替えることが有効です。

体を動かす予定のある日や暑い日など、「今日は汗をかきそうだな」と思う日は着替えを持っておき、汗が気になったら着替えられるようにしておきましょう。

「冬なら汗をかかないから大丈夫」と思いがちですが、機密性の高い服装をするぶん、冬の方がわきが臭がこもりやすいことに注意しましょう。

わきが臭の予防法

食生活を改善する

食事の内容によっては、わきが臭を強めてしまうことがあります。肉類や乳製品、油物のほか、菓子の摂りすぎには注意が必要です。アポクリン汗腺の働きを活発化し、発汗量が増えてしまいます。

タンパク質は肉類ではなく豆類や魚から摂取するようにしましょう。また、肉類は酸性なので、めかぶや梅干しといったアルカリ性の食べ物やお酢を使った料理などで中和できます。

飲酒や喫煙を控える

わきがの予防には、飲酒や喫煙を控えることも有効です。アルコールやニコチンを摂取すると、アポクリン汗腺を刺激してしまい、発汗量が増えてしまいます。

さらに、アルコールやニコチンそのものが臭いの元となる成分です。煙草を吸う人は体臭が強くなるという報告もあり、わきがでなくてもニコチンが臭いを生むと考えられています。

禁煙にチャレンジしたり、飲酒の頻度や量を少なくしたりしてみましょう。

ストレスを溜めないようにする

ストレスが加わると、交感神経の働きが活発になり、発汗量が増えてしまいます。ストレス社会と言われる現代では、ストレスや不安・緊張によって引き起こされる精神性発汗に悩む人も少なくありません。

ストレスの原因を分析し、取り除けるものがないか検討するとよいでしょう。ストレス発散のための時間をつくったり、ポジティブな考え方にシフトしたりと、精神的な負担を減らす対策を講じることも大切です。

適度な運動で老廃物を排出する

体内の老廃物は雑菌の繁殖にも関与しており、臭いが発生する原因の1つです。適度な運動でこまめに汗をかくことで、老廃物が汗といっしょに体外に排出されます。

ハードな運動で大量の汗をかかなくても、ジョギングやウォーキングといった運動をするだけで十分です。

適度な運動を習慣づけることでストレス解消効果も期待できます。朝の運動なら生活リズムも整えられ、一日を快活に過ごせるでしょう。

臭いが悪化するかも!まちがったわきが対策

1日に何度もお風呂に入る

わきが臭が気になる場合、こまめに入浴したくなりますね。

しかし、肌を洗いすぎることで常在菌のバランスが崩れたり、肌に必要な皮脂の量が減ってしまい、肌荒れにつながります。すると、肌を守るために皮脂の分泌量が増え、わきが臭が強まる可能性があります。

入浴は1日1回が適切。汗をかいたときは、濡れタオルで皮脂とともに拭き取るようにすれば臭いが発生しにくくなります。

臭いが落ちるようにゴシゴシ洗う

汚れを洗い流そうと、体をゴシゴシ洗うのは禁物です。強く肌をこすると、肌を守るために皮脂が過剰に分泌されたり、常在菌のバランスが崩れたりして、わきが臭が強まってしまいます。

肌の汚れを落とすには、よく泡立てたボディソープなどで優しく洗うだけで十分です。ボディソープは殺菌効果のあるものを選び、洗浄成分が肌に残らないようしっかり洗い流しましょう。

制汗剤を大量に使う

臭いを抑えたいという気持ちから、制汗剤を過剰に使うのは逆効果です。

制汗剤を使用することで、肌の常在菌が死滅してしまい、外部からの悪玉菌が増殖しやすい環境になってしまいます。そのため、もともとの体質よりもわきが臭が強くなってしまうことがあるのです。

また、制汗剤を使いすぎると肌荒れしてしまい、皮脂が過剰に分泌されてしまいます。制汗剤の使用頻度は1日1回程度にして、肌を休める日もつくってあげましょう。

【東京版】わきが治療におすすめ!病院・クリニックBEST3

わきが治療といっても、その方法は様々。ボトックスや剪除法、レーザーがあり、それぞれに特徴があります。ボトックスは料金が安いですが効果は半永久的ではなかったり、剪除法の効果は半永久的ですが切る手術となったり、レーザー治療の効果は半永久的で料金が高いといった特徴があります。そういった特徴を踏まえた上で、ご自身の治療目的や経済的な状況に合わせて、どの治療法が良いのか提案してくれるところがいいですよね。
また、少しでも安い料金で施術を受けたいとお考えなら、わきがの治療法によっては保険診療が適用されることもおさえておきたいポイント。それに様々なわきがの状態に併せた治療ができるところを選びたいもの。その点、開院してから長いところであれば、その分経験を積んでいるので、任せられるのではないでしょうか。
そこで、このサイトに掲載する東京のクリニックの中から、ボトックス、剪除法、レーザーといった治療法に対応し、保険医療機関※となっているところを開院歴の長い順にご紹介します。(2022年1月時点)
※参照元:保険医療機関 医療機関一覧表 [PDF](https://kouseikyoku.mhlw.go.jp/kantoshinetsu/chousa/131shitei_ika_tokyo_r0401.pdf