わきが治療
評判高い
病院・クリニック
BEST3を見る

【東京版】わきが治療におすすめ!病院・クリニックBEST3

わきが治療といっても、その方法は様々。ボトックスや剪除法、レーザーがあり、それぞれに特徴があります。ボトックスは料金が安いですが効果は半永久的ではなかったり、剪除法の効果は半永久的ですが切る手術となったり、レーザー治療の効果は半永久的で料金が高いといった特徴があります。そういった特徴を踏まえた上で、ご自身の治療目的や経済的な状況に合わせて、どの治療法が良いのか提案してくれるところがいいですよね。
また、少しでも安い料金で施術を受けたいとお考えなら、わきがの治療法によっては保険診療が適用されることもおさえておきたいポイント。それに様々なわきがの状態に併せた治療ができるところを選びたいもの。その点、開院してから長いところであれば、その分経験を積んでいるので、任せられるのではないでしょうか。
そこで、このサイトに掲載する東京のクリニックの中から、ボトックス、剪除法、レーザーといった治療法に対応し、保険医療機関※となっているところを開院歴の長い順にご紹介します。(2022年1月時点)
※参照元:保険医療機関 医療機関一覧表 [PDF](https://kouseikyoku.mhlw.go.jp/kantoshinetsu/chousa/131shitei_ika_tokyo_r0401.pdf

公開日: |更新日:

「わきが」の上手な伝え方

身近な人のわきが臭が気になる場合、どのように本人に伝えるのがよいのでしょうか。伝えるときの注意点のほか、相手との関係性に応じた伝え方を解説します。

臭いが気になることを伝えるときの注意点

まずは自身が正しい知識を身につける

わきが臭について本人に伝える前に、わきがは体質によるものであることを理解しましょう。不潔にしているわけではなく、毎日入浴をしていても体質によって臭いが発生しているという正しい知識を身につけましょう。

また、わきが臭に本人が気づいていないことも考えられます。嗅覚は正常のなのに自分の臭いには気がつかない……という人は少なくありません。自分で気づいていれば、対策を講じているはずです。ですから、臭いの強い人ほど、自分では気づいていないこともあり得ます。

言葉選びに配慮しながら、相手のためを思って伝える

本人が自覚していない「臭い問題」について相手に伝えるときには、言葉選びに配慮することが必要です。

わきがの自覚がある人も、わきがであることを他人に指摘されることで傷つくことが考えられます。わきがは体質によるもので、本人はコントロールできないということ理解しておきましょう。

「臭いのせいで迷惑している」「きちんと対策をしているのか?」といった話し方ではなく、相手のためを思って伝えることが重要です。「あなたのことを心配している」というニュアンスを添えて話しましょう。

まわりに人がいないタイミングで、1対1で伝える

臭いにかんすることはデリケートな問題です。わきが臭について本人に伝えるときは、1対1で話せるタイミングを選ぶのが重要です。まわりに人がいる状況で個人的な課題であるわきがについて伝えることは避けましょう。人格否定と捉えられることでパワハラだと誤解されたり、相手が心を閉ざしてしまったりしかねません。

重々しい雰囲気にならないように気をつけながら、「あなたのことを心配している」というスタンスで伝えましょう。

前置きとして自分が臭いに敏感なことを伝える

わきがについて本人に伝えるときは、自分が臭いについて敏感であることを前提に話すとよいでしょう。「私は臭いに敏感なほうだから気づいたのだけど」と前置きしてから話すと、より柔らかいニュアンスで伝えることができます。

特に相手がひどく気にしそうなタイプの場合、「周りの人全員が臭いに気づいている」という話し方ではなく、「臭いに敏感な自分だからこそ気づいた」というニュアンスで話すのが望ましいでしょう。

家族や恋人に伝える場合

相手のデリケートな点を指摘するのは、信頼のおける関係の人にこそできることです。

家族や恋人といった親しい間柄の人にわきがについて伝える場合は、改善策を示しながら伝えることが大切です。わきが臭は、ケアや治療によって改善が望めます。本人と2人だけのときを選び、「いっしょに改善に向けて努力していこう」といったニュアンスで伝えましょう。「あなたの臭いに迷惑している」といった、相手が傷つく言い方はしないようにしてください。

さまざまなデオドラント製品があること、手術などの治療も検討できることなどを示してあげると、本人も心強いはずです。そのために、わきがの原因や対策について事前に調べておくとよいでしょう。

同じ職場の人・同僚に伝える場合

同じ職場の人や同僚にわきが体質の人がいた場合、相手がどんな立場であろうと、自分から本人に直接伝えるのはできる限り避けましょう。相手が傷ついたり恥をかいたと感じてしまったりすることで、人間関係のトラブルに発展する可能性があります。

まずは上司に「○○さんの臭いが気になっている」「仕事に集中できないことがある」と相談し、上司から本人に話してもらうようにしましょう。

また、臭いが気になっていることを別の同僚に相談するのは絶対に避けるべきです。本人以外の同僚に話したところで問題は解決しないだけでなく、単なる悪口と捉えられかねません。周囲でそんな話をされていると本人が知った場合、必要以上に傷つけてしまう可能性があるのです。

部下から相談された場合

ある部下のわきが臭について、他の部下から相談された場合、まず見分けるべきは「本当に不快な臭いが発生しているのか」です。相談を持ちかけてきた部下以外にも臭いに困っている人がいるかどうかを確認しましょう。複数の社員が「臭い」と感じているなら、わきが臭についての対策する必要があります。

いきなり本人に指摘するのではなく、職場全体のスメル・ハラスメント(スメハラ)対策として注意喚起をしましょう。本人が自覚し、消臭効果のある衣類やデオドラント製品を活用することが期待できます。

これだけで解決しない場合は、本人に臭いについて伝えます。本人を傷つけないよう「私も臭いには悩むことがあるんだ」といった思いやりのある言葉を添え、改善を促すとよいでしょう。

友人に伝える場合

友人のわきが臭について伝える場合は、本人との関係性によって対応を変えることが必要です。

親しい関係の場合は、臭いについて直接伝えてみるのもよいでしょう。そこまで親しいわけではない場合は、本人ともっとも仲が良い友人に伝えてもらった方が穏便にすむこともあります。

ただし、それ以外の友人に相談するのは避けた方が無難です。悪口やトラブルに発展し、人間関係を壊しかねません。

まずは「自分も臭いについて悩んでいる」ことを本人に伝え、相手に寄り添った話し方をしましょう。身だしなみの話も織り交ぜながら、デオドラント製品や治療について話を広げるのがよいでしょう。

親しき中にも礼儀あり、と言いますから、本人を傷つけない配慮が大切です。

【東京版】わきが治療におすすめ!病院・クリニックBEST3

わきが治療といっても、その方法は様々。ボトックスや剪除法、レーザーがあり、それぞれに特徴があります。ボトックスは料金が安いですが効果は半永久的ではなかったり、剪除法の効果は半永久的ですが切る手術となったり、レーザー治療の効果は半永久的で料金が高いといった特徴があります。そういった特徴を踏まえた上で、ご自身の治療目的や経済的な状況に合わせて、どの治療法が良いのか提案してくれるところがいいですよね。
また、少しでも安い料金で施術を受けたいとお考えなら、わきがの治療法によっては保険診療が適用されることもおさえておきたいポイント。それに様々なわきがの状態に併せた治療ができるところを選びたいもの。その点、開院してから長いところであれば、その分経験を積んでいるので、任せられるのではないでしょうか。
そこで、このサイトに掲載する東京のクリニックの中から、ボトックス、剪除法、レーザーといった治療法に対応し、保険医療機関※となっているところを開院歴の長い順にご紹介します。(2022年1月時点)
※参照元:保険医療機関 医療機関一覧表 [PDF](https://kouseikyoku.mhlw.go.jp/kantoshinetsu/chousa/131shitei_ika_tokyo_r0401.pdf