わきが治療で評判のクリニックを徹底比較&ランキング!クリニックランキングBEST5を見る

わきが治療の評判が良い病院・クリニックBEST3共立美容外科・歯科

詳しくはこちら

詳しくはこちら

詳しくはこちら

わきが治療NAVI » クリニックでのわきが治療法リスト » 剪除法

剪除法

剪除法とは、わきの下に数本の切り込みを入れて行う、わきが手術法です。どのような方法で手術を行い、どのような効果があるのか解説してみましょう。

わきの下のシワに沿って切るわきが手術「剪除法」

剪除法は、わきの下にあるシワに合わせ、斜めに数本の切り込みを入れて行う手術です。

4~5センチほどの長さに入れた、切り込みと切り込みの間の皮膚をくるりとひっくり返し、皮下組織の中のアポクリン腺をひとつひとつ目視しながら切り取っていくもので、医師の集中力と細かな技術を要します。

皮膚を指でめくったまま手作業で行うわけですから、手術には時間がかかりますし、費用も高くなってしまうそう。この手術は保険適用となる場合もありますが、自由診療の場合は約200,000~400,000円必要と言われています。

皮膚そのものを切り取ってしまう手術ではないので、ひきつれやつっぱりなどは起こりにくいのですが、それでも大きな傷跡は数本残ります。傷口が大きいということは出血も多くなり、血腫などのリスクが高まるのは当然の事ですし、皮膚をめくって作業するため術後に皮膚がうまくくっつかず、壊死してしまう危険すらあるそう。術後は傷にガーゼを縫い込んで圧迫しながら固定する、タイオーバーという処置が必要となり、かなり大掛かりなわきが手術であると言えます。

剪除法の施術は多汗症には効かないの?

この剪除法の大きなデメリットは、わきが治療には効果があっても、多汗症には効果がないという点。多汗症の原因となるエクリン腺という汗腺は皮膚の浅い部分にあり、エクリン腺までをこの方法で取り除こうとすると、かなり薄く皮膚を削り取る必要があります。医師の技術によっては、皮膚に穴が開いてしまう危険性が伴うのです。

そのため、エクリン腺までを剪除法で取り除くのは不可能です。多汗症への効果は得られない施術法だと言えるでしょう。

わきがの悩みには多汗が関係してくることも多く、多汗の症状を緩和することを望んでいる患者さんも多いのは事実。リスクも費用も高い治療法ですので、手術を行う前によく検討することをオススメします。

剪除法の費用相場・保険適用の有無は?

剪除法は、その他のわきが治療の施術ではあまり扱われていない、保険診療を受けることが出来ます。

保険診療の費用相場は40,000~100,000円程度。自由診療の値段に比べると、お財布に優しい値段ですね。

しかし、全てのクリニックが保険診療を扱っているわけではないので、保険で施術を受けたい場合は注意が必要です。

美容外科における剪除法の費用は、200,000~400,000円が相場となっています。

剪除法を受けた人の口コミ

以前からワキの臭いが気になっており、誰にも相談できずにずっと悩んでいたので、思いきって剪除法の施術を受けることにしました。施術前に打った麻酔の注射は痛かったですが、看護師の皆さんが優しく声をかけてくれたので、安心して治療に臨めました。1時間ほどで手術は終わり、10日目には抜糸を行いました。現在は傷口が回復し、ワキの臭いが気にならなくなりました。人目を気にせず外出できるようになったので凄く嬉しいです。これからは好きな洋服を着てオシャレを楽しみたいです。

術後は、クリニックで施術箇所であるワキをガーゼで固定してもらい、施術で縫った糸の抜糸を行ったりしました。傷跡は徐々に改善しています。現在は暑い時期でも匂いや汗が気にならなくなり、快適に過ごせています。こんな事ならもっと早く施術しておけば良かったな、と思いました。

剪除法によるわきが治療のメリット・デメリット

わきがが改善する施術法「剪除法」のメリット・デメリットについて簡単に紹介しています。

【メリット】

  • わきがへの効果が非常に高い
  • 医師の腕が良ければ傷跡は残りにくい

【デメリット】

  • 施術に時間が掛かる
  • 傷口が大きいのでダウンタイムが長い
  • 黒ずみが出来る可能性も
  • 多汗症への効果はない

剪除法はメスを使用する施術なので、医師の腕が非常に重要となってきます。

剪除法に関わらず、保険診療で安くわきが治療が行えるにしても、施術における効果やリスクなどについて前もってじっくり検討し、自分に合ったクリニックと方法でわきがを改善しましょう。