わきが治療で評判のクリニックを徹底比較&ランキング!クリニックランキングBEST5を見る

わきが治療の評判が良い病院・クリニックBEST3共立美容外科・歯科

詳しくはこちら

詳しくはこちら

詳しくはこちら

わきが治療NAVI » クリニックでのわきが治療法リスト » ローラークランプ法

ローラークランプ法

ローラークランプ法は、これまでの吸引法のデメリットを改善して開発された、最新のわきが治療法です。確実に効果が期待できる上に、術後のダメージも少なく済むという利点があります。このローラークランプ法について解説していきましょう。

ローラーで抑えて汗腺を確実に取り除くわきが治療法

現在、多くのクリニックで採用されている吸引法は、汗腺を取り残してしまうというデメリットがあります。人間の皮膚は柔らかくて弾力がありますから、これまでの吸引法のように管を入れて吸引するだけでは、皮膚が動いてしまって思うように汗腺を吸引できません。

その点を改善すべく開発されたのが、ローラークランプ法です。

吸引する管を入れると同時に皮膚の上からローラーで抑えて固定するという方法で、表皮のすぐ下にあるエクリン腺やアポクリン腺、皮脂腺を確実に取り除くことができます。皮膚の上のローラーと、表皮の下に差し込んだ吸引棒とで挟み込むようにして、汗腺を根こそぎ吸引するのです。

また、汗腺を除去するとともに毛根も取り除くことができますので、わきがの治療と同時に永久脱毛の効果も得られるというメリットがあります。ローラークランプ法は、わきがと脱毛の悩みを同時に解消することができる、一石二鳥の治療法なのです。

傷跡もダメージもほとんど残らない

この治療法は傷跡が小さいのも特徴です。わきの下に2~3ミリほどの穴を1か所開け、そこからカニューレと呼ばれる吸引棒を入れます。カニューレを動かすときに、摩擦によって傷口が広がってしまうことを防ぐためのカバーをかぶせますので、傷口は小さなままで済みます

わきがの範囲が広い場合などは2か所穴を開けることもあるそうですが、大抵は1か所の小さな傷口のみで、しかもアイスピックの先ほどの傷ですので、術後にほとんど見えなくなってしまいます。

傷口が小さいということは、手術に伴う痛みやリスクも少ないということを意味しています。治療の際には局部麻酔を行いますから、術中や術後の痛みはほとんど感じないそう。術後は大掛かりな固定や入院治療も必要なく、手術は約20分ほどで終わるそうですから、ランチタイムにちょこっとわきが治療…なんてことも可能です。

ローラークランプ法の費用相場・保険適用の有無は?

ローラークランプ法は、240,000~430,000円で施術が受けられます。この施術は自由診療扱いになっており、保険が適用されません。

また、クリニックでは、ローラークランプと超音波を組み合わせて施術を行っているところもあります。この施術に掛かる費用は300,000円前後

施術では、ローラークランプの治療を行う前に、皮膚の上から超音波を当てることにより吸引の効果を高めることができます。皮下組織間の結合を緩めることで、アポクリン腺やエクリン腺をより確実に吸引できるのだとか。

さらに、超音波を利用して「血管を収縮させる作用のある麻酔薬」を組織に浸透させます。これにより、血管が収縮して出血を抑えることができます。血管へのダメージが少ないため、皮膚の壊死や色素沈着の可能性も格段に減らすことができるのです。

手術時間は30~40分程度、術後は1~2日程度で回復し、入院の必要はありません。

ローラークランプ法を受けた人の口コミ

ローラークランプ法でわきが治療を受けました。術後の4日間はワキをガーゼで圧迫固定しているため動きづらく、1人では着替えが難しいくらい不便です。しかし、ガーゼが取れてからは腕が普段通り使えるようになりました。1ヶ月経った現在は激しいスポーツも行えるようになっています。術後に濃くなったワキの黒ずみは少しずつ解消されつつあります。肝心のキツかったワキの臭いと大量の汗は、圧倒的に減りました。その代わり、他の部位の汗の量が増えた気がしますが、あまり気にしていません。傷跡はわずか5ミリ程度しかないし、剛毛だったのに今では産毛くらいしか生えていないことにも感動しています。施術を受けて本当に良かったです。

傷跡が残りにくいローラークランプ法の施術を受けました。施術中は麻酔をしていたので痛みがなく、後半は機器の機械音にも慣れてきました。臭いがキツくないほうのワキの施術時間は短かったです。術後はガーゼで圧迫固定をして薬を飲み、ベットで30分寝て帰宅しました。術後2日目にガーゼをしたまま仕事した時は少し腕が疲れましたね。4日目にガーゼを取った時はかなり楽になりました。長年、悩んでいたワキの臭いと多汗から解放されて本当に嬉しいです!

ローラークランプ法によるわきが治療のメリット・デメリット

わきが治療「ローラークランプ法」のメリット・デメリットについてまとめているので参考にしてみて下さい。

【メリット】

  • 確実な効果が得られる
  • 永久脱毛の効果がある
  • 施術時間・ダウンタイムが少なく、手軽に治療が受けられる
  • 術後の痛みがほとんどない
  • 傷跡が目立ちにくい
  • 再発のリスクが少ない

【デメリット】

  • 特になし

ローラークランプ法は、比較的安全性や効果の高い施術になるため、これといったデメリットは特にありません。しかし、医師の高い技術が必要となるのでクリニック選びは慎重に行ったほうが良いでしょう。

ちなみに、わきの毛を抜いている場合は効果が落ちることもあるようなので、毛が生え揃う約1ヶ月半くらいまで施術できないこともあるとか。その点についても医師と相談してみて下さいね。

≫≫ローラークランプ法が受けられるクリニックはコチラ≪≪