わきが治療で評判のクリニックを徹底比較&ランキング!クリニックランキングBEST5を見る

わきが治療の評判が良い病院・クリニックBEST3共立美容外科・歯科

詳しくはこちら

詳しくはこちら

詳しくはこちら

わきが治療NAVI » クリニックでのわきが治療法リスト » クアドラカット法

クアドラカット法

クアドラカット法は、効果が高いとされているわきが治療です。施術では小さな穴を開けるだけなので傷跡が残りにくく、再発もほとんど無いのです。このクアドラカット法について解説していきます。

小さな穴からわきが治療を行うクアドラカット法

わきが・多汗症治療の施術法「クアドラカット法」は局部麻酔を行った後、ワキの下に約5mmの小さな穴を開けて施術を行います。その穴に約4mmのカニューレ(シェーバー)を挿入し、施術を行うのです。カニューレは、アメリカのストライカー社製の「TPSクワドラカットシェーバーシステム」という機器を使用します。
カニューレの先端には、マイクロシェーバーという電気カミソリのようなギザギザした刃が付いています。この先端を使い、臭いの原因であるアポクリン腺と汗の原因であるエクリン腺を広範囲に渡って切除、吸い出すのです。

クアドラカット法は、剪除法(皮弁法)よりも広い範囲で効率よく施術が可能。そのため、剪除法より1~2週間早く、日常生活が送れるようになります。また、施術時間が大幅に短縮できるので、低侵襲での施術を可能なのです。施術時間は約1時間です。
メリットとしては、傷口が小さいので目立ちにくく、術後の傷跡が残りにくい事が挙げられます。

術後はワキを清潔に保つよう心掛けましょう。クリニックによっては術後、何回かワキの消毒を行ってくれます。術後の数日間は、あまり両手を使うような事はせず、安静にしておくことが肝心。しかし、それ以降は皮膚の引きつれなどを防ぐため、手を動かす運動を行ったほうが良いようです。

永久脱毛の効果もアリ

臭いの原因になっているアポクリン腺。このアポクリン腺は毛と一体になっているため、取り除く際は、毛根と一緒に取り除きます。一度、取り除かれた毛根は、汗腺と同じように再生しません。そのため、永久脱毛に効果的なのです。

クアドラカット法は、感染症のリスクやダウンタイムが少ないオススメの施術法です。そのため、子どものわきが治療として導入しているクリニックもあります。

まずはクリニックのカウンセリングに行って医師に相談し、自分に合うところを探してみましょう。

クアドラカット法の費用相場・保険適用の有無は?

クアドラカット法の費用は250,000~400,000円が相場となっています。健康保険適用外なのでどうしても費用が高額になってしまう部分もあります。

しかし、皮膚に小さな穴を空けるだけで施術が出来る、安全性の高いわきが治療法なので、気になった方は検討してみても良いかもしれません。

クアドラカット法を受けた人の口コミ

クアドラカット法で施術を行いました。ワキ毛は残すか除去するか選択できます。施術前に何回か麻酔を打ちましたが痛くなかったです。お陰で施術中も痛くなかったのですが、長い間腕を上げっぱなしだったのでつりそうでした。術後の痛みはないですが、ワキをガーゼで固定しているので筋肉痛や肩こりになっている状態です。まだ効果については分かりませんが、今後が楽しみです。

クアドラカット法の施術を1年前に行いました。5ミリほどの小さな傷口は、虫刺されみたいな傷跡になっています。気になっていたワキの臭いは解消されたし、再発の心配もないのでオススメですね。

クアドラカット法によるわきが治療のメリット・デメリット

クアドラカット法を利用してわきが治療をするメリット・デメリットについて紹介しています。

【メリット】

  • わきがへの効果が高い
  • 施術時間が比較的短い
  • 傷口が小さいのでダウンタイムが少なく、手軽に治療を受けられる
  • 傷跡が目立ちにくい
  • 再発する心配がない
  • 永久脱毛効果がある

【デメリット】

  • 皮膚に黒ずみや小じわが出来る可能性も

クアドラカット法は、皮膚の中にカニューレを挿入して施術を行いますが、医師は汗腺がどれくらい切り取れているか、経験をもとに行っています。

この施術法は熟練した医師の腕が必要となるため、クリニック選びは慎重に行いましょう。