わきが治療navi

わきが治療で評判のクリニックを徹底比較&ランキング!クリニックランキングBEST5を見る

わきが治療の評判が良い病院・クリニックBEST3共立美容外科・歯科

詳しくはこちら

詳しくはこちら

詳しくはこちら

わきが治療は自由診療がおすすめ

わきが治療の最前線を追うわきが治療は自由診療が良いと言われる理由をご存知でしょうか?

わきが治療を行っている病院の中では、保険診療ができる医療機関もあります。保険診療は費用の面で魅力的ですが、その治療方法は傷跡が大きくリスクが高い剪除法がほとんど。

つまり、患者さんの負担が少ない先進のわきが治療を受けることができません

さらに、保険診療を希望してクリニックを受診しても、『保険適応は難しい』と医師に判断され、結局自由診療となるケースも多いようです。

わきが治療は自由診療がオススメな理由自由診療の美容クリニックでは、しっかりとわきがのニオイを軽減できる上、ダウンタイムが短く、大きな傷跡も残らない最新の治療法が多数用意されています。

そのため、リスクを回避しながら、確実にわきがを改善するなら、自由診療の美容外科クリニックなどで治療を受けることが最良の方法なのです。

このサイトでは、自由診療でわきがの治療を行う、美容外科クリニックのおすすめランキングをご紹介しています。

本気でわきがの悩みと決別したいとお考えなら、こちらのランキングを参考にして、クリニックのカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。

わきが治療で評判のクリニックランキングBEST5

患者の負担を最小限に抑えた、わきが治療の最前線

ひと昔前、わきが治療というと、わきの下の皮膚を切除して縫い合わせる大掛かりな手術が主流で、ニオイは軽減されるものの、傷跡が残るなどといったイメージが先行していました。

しかし現在では、そのような大掛かりな手術ではなく、患者さんの体の負担や痛みへの配慮がなされた、傷跡が残りにくい治療に切り替わってきています。

まずは現在のわきが治療の最新事情を、ご紹介します。

軽度のわきがや多汗症に効果的なレーザーやマイクロ波

わきの下を切開しないで治療する方法として、レーザーやマイクロ波を照射して、真皮の部分にあるわきがの原因アポクリン汗腺やエクリン汗腺、皮脂腺や毛根だけに熱でダメージを与える方法があります。表皮の部分には負担が少なく、切開しないので傷もありません。

ただしこれらの方法は、アポクリン汗腺やエクリン汗腺を根本的に除去する方法ではないため、ニオイの軽減は6割から7割ほどに留まるようです。そのため、軽度以上のわきがには、あまり効果的とは言い切れないのが現状です。

中度~重度のわきがに効果的な吸引法・ローラークランプ法

医療技術の進化において、ほんの数ミリの穴を開けて器具を挿入し、表皮の下にある汗腺組織を取り出してしまう、吸引法というわきが治療が普及しています。

元々は脂肪吸引の技術を応用したものなので、傷跡は小さく、しかもアポクリン汗腺やエクリン汗腺をしっかりと除去できる方法です。

さらに従来の吸引法を改良し、表皮を上からローラーで固定し、今までは取りきれなかった汗腺組織まで、しっかりと吸い出すローラークランプ法など、ニオイを確実に軽減する上、再発の心配も少なく、傷口が小さい、新しい方法が次々と開発されています。

わきが治療は日進月歩。後悔をしないためにも、最新の治療事情を把握することが必要なのです。

ローラークランプ法によるわきが治療を詳しく見てみる